実際にやってみる!




スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告
息子が…がんばった!! :: 2011/11/28(Mon)

感動しました。
さすがです。先生!!
以前娘がレッスンを受けていたことがある先生。
すごいのは知ってはいたけど、感心させられることだらけ。


オールイングリッシュでした。
息子も「あの先生は日本人じゃないんだよ」と信じてました…。

この先生は、ずばり男の子向け。
もちろん女の子でも良いんだけど、なんていうか男の子の扱いに凄く慣れている。
そしてちっちゃい子が好むようなしかけを良くご存じです。

最初に「What's your name?」と聞かれ、次に「How old are you?」と。
これらにすんなり答えている状態にもびっくりしたのですが、その後、
「What's is this?」とピカチュー登場。
このあたりでぐっと息子の興味を引き出し…。
あとは促されるように発話しまくり。

絵本を使って動物の名前を言っていき、出てきた動物の置物たちが列車に乗ります。
one、two、three、four、five…と次々乗ります。
そして、

先生「Who is in NO1?」
息子「horse」

といった感じでどんどん答えていきます。
最後の動物まで言ったら、バイバイ~と一旦画面から消えていきます。

次に、どの動物を何番に乗せたいかを聞かれます。
これでまた動物の名前を言い、数を数えることになります。
途中、動物が列車から落ちたりしながら…(笑)



次に食らいついたのが、「Where is トーマス?」ゲーム!!

ボードに色々な色の家が貼ってあり、何色かを言わされます。
(ほんとこのあたり、されるがままの息子。私と娘はずっと笑ってました。)
赤、黄色、緑、青、白、ピンク…。

そしていよいよ、トーマスはどこだ~!!
息子「red!!」
「knock!ノオ~ック」と掛け声。

「Are you in the red house?」と先生。
「Not here. oh~、noおおおお。」
息子、泣きまね。最後の最後に当たりました(苦笑)

今度は、いろいろな形に切ってある紙が出てきました。
楕円では、先生、目を隠してみたり…。
△は鼻にしてみたり、三日月型は耳にしてみたり…。

「Do you make triangle?」と次々形を作らせます。
息子、調子に乗って、手を使って三角帽子を作ります(苦笑)

そして、これがすごいのですが、
最後に恐竜の絵登場!!
(先生の自家製)
息子、大興奮!!

「How many triangle do you see?」
「Can you count together?」
一緒に元気よく数えます。
恐竜の背中にいっぱい△が使ってありますもの。

オーバルが恐竜の顔に。
丸が眼。
三日月がしっぽのところに。そして、首にも。
長四角が足4本。

さっき色々な形の紙を使ってやったことを、さらりと復習されます。ここで。

このほかにも絵本を数冊使って、動物探しゲームもしましたよ~。
絵本の選び方もとっても上手。
動物が隠れている本を出してこられました。しかけ絵本とかね。

息子が言えないと分かると、すぐに答えをさらっと言って、次に進めて下さるところがナイスです。
確かにゆっくり考えれば出てくるかもしれない。
でもね、子供って…
時間を与えると、「あ、僕って、出来ないんだ…」とネガティブになるような…。特に男の子は。
このあたり難しいのですが。

文章で言うことはほとんどなかったですが、単語をしゃべっていたことがうちの子にしちゃあ、
そりゃそりゃすごいことです。
いや~、先生、脱帽でございます。

個人契約の先生とはまた違う雰囲気で、お二人とも続けたいと言うので、また予約を取りたいと思います。
この先生、人気でなかなか取れないのですが…。
日本人なんだけど、オールイングリッシュでのレッスン。
それもいいな~と思います。
好きなものや好きなこと伝えやすいですものね。母としては楽です(苦笑)。
そのキャラクターあんまり…とか伝えやすいわ~。

ワールドトークは退会しているので、ポイントで購入予定です。

にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

スポンサーサイト
  1. ワールドトーク
  2. | trackback:0
  3. | 本文:3
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。