実際にやってみる!




スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告
初ORTをセットで!! :: 2012/07/25(Wed)

先日、ミカサブックセンターのセールで大人買いをしました。

なんと、


これと…

Oxford Reading Tree Special Packs ORT Trunk Pack A (Stage 1 More First Words, Stage 1+ First Sentences, Stage 2, 3, 4 Stories Packs) 5 CD packsOxford Reading Tree Special Packs ORT Trunk Pack A (Stage 1 More First Words, Stage 1+ First Sentences, Stage 2, 3, 4 Stories Packs) 5 CD packs
(2011/04/01)
不明

商品詳細を見る


これと…

Oxford Reading Tree Special Packs ORT Trunk Pack B (Stage 5, 6, 7, 8, 9 Stories Packs) 5 CD packsOxford Reading Tree Special Packs ORT Trunk Pack B (Stage 5, 6, 7, 8, 9 Stories Packs) 5 CD packs
(2011/04/01)
不明

商品詳細を見る


これのCD付き。

STAGE 6 MORE STORYBOOK A PACK (Oxford Reading Tree)STAGE 6 MORE STORYBOOK A PACK (Oxford Reading Tree)
(2011/01)
Roderick Hunt

商品詳細を見る


で、めでたく20%Offで購入し、先着50名限定のORT色鉛筆とORT特製Post-itをゲットしました。
ず~っと、それこそ何年越しで悩んでいたもの。
買ってしまうと、なんであんなに悩んでいたのかと。
もっと早く買えばよかったかな~。
娘にはちょっと簡単すぎるステージもあります。
一回読んで終わりのものもあるので、なんだか悲しい。

先日、どこかの記事で拝見したのですが、有名中学校の1年生ともなると、
初めて英語に触れる子でも、ORTのStage9までを1学期に終えてしまうらしいですね~。
すごい短い時間で抜かれますね…。
ただ、今のペースでゆっくり楽しくやるのが我が家流かな

このテキストを夜の読みきかせに使っているのですが、昨日はセンテンス作りをやってみました。
本に出てくる単語を印刷し、カット。
絵本の字を見て、マッチングさせたり、隠してセンテンスを作ったり。

ORTセンテンス

あ~、画像が悪くてすいません。
なんとなく雰囲気が伝わるかしら?

ラミネーターもあるのですが、まだ簡単な文章なので、そんなに長く保存するものでもないかな~と、
すぐに遊べるほうが良い気がして、そのまま印刷し、カットしました。
それも子供達にしてもらうってことで。

ラミネートするとなると、綺麗にやりたくなっちゃうので、すべて自分で作りたくなるんですよね~。
私の場合。
そんなこだわりより、子供達にやってもらった方が良いだろうってことで、楽をしました~(苦笑
試しにこんな簡単なやり方でしばらく遊んでみます。

とりあえず、兄弟でやってみました。
で、最初に、「これ、二つずつあるの?」と子供達。

ん?するどい…

二人で一緒にやるなら、二枚ずつ作らないといけないことに気付きました。
けんかになるし、絶対おねえちゃんのほうが先にセンテンス作っちゃうしね。
う~ん、どうしようかな。
子供達の意見を聞いて、必要ならばもうワンセット印刷しようと思います。

突然ですが、息子の今日の一言。

「あ~こまった。こまった。どうすりゃいいんだ~」っていう時に言う言葉はね、
「Oh,dear… Oh,dear dear dear…」って言うんだよ。


とな…。

突然こういうことを言いだす息子。
どう対処したら良いでしょう???

やっぱりちょっと不思議ちゃんなのです。


にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

スポンサーサイト
  1. 多読
  2. | trackback:0
  3. | 本文:2
多読4 :: 2012/05/26(Sat)

ものすご~く久しぶりに英語の本を読みました。
全然多読じゃないというのは相変わらず…。
多読というタイトルやめようかな~。
でも何にしようかなタイトル、英語絵本とかかな??

我が家はたいてい2週間に1回図書館に行きます。
以前は1週間に1回ペースだったのですが、今は子供達もなかなか時間がなく…(泣

いつも30冊くらい借りてくるのですがそのうち20冊は予約しておきます。
予約したいな~と思った本の洋書があると(もとは洋書のほうがほとんどですが)、
そちらも合わせて予約します。

今回借りた本の中で次の2冊をご紹介します。

キッパーのゆきだるまキッパーのゆきだるま
(1996/11)
ミック・インクペン

商品詳細を見る


こちら、amazonでは洋書がないのですが、「kipper's snowy day」というタイトルで図書館には
洋書がありました。
内容は簡単で、文章も短いのですが…読みにくかったです。
レベルがどれくらいなのか分からないですが、こういう絵本って難しいですね~。


そしてもう一冊

わすれられないおくりもの (児童図書館・絵本の部屋)わすれられないおくりもの (児童図書館・絵本の部屋)
(1986/10)
スーザン・バーレイ

商品詳細を見る


Badger's Parting GiftsBadger's Parting Gifts
(1992/07/16)
Susan Varley

商品詳細を見る


対照的にこちらのほうは文章はkipperよりもあるのですが、さくさく読めました~。
単語が分かりやすかったからからかな~。
説明的文章だったからかな~。
英検のような文章のほうが読みやすい…(苦笑
学生時代にもっと色々な本を読んでおけばよかったなあと心底思うので、子供たちにも
たまには英語絵本を読んでやれるようになりたいと思いました。

CTPくらいなら読んでるんですけど、普通の絵本となると難しいものもあり…。
日本語版もある絵本ならなんとか読み聞かせ出来るかな~。

にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村





  1. 多読
  2. | trackback:0
  3. | 本文:2
多読3 :: 2012/03/22(Thu)

子供達が「読んで~」というので、この2冊を読み聞かせ。

Willy the DreamerWilly the Dreamer
(2000/11/06)
Anthony Browne

商品詳細を見る


Harvey Slumfenburger's Christmas PresentHarvey Slumfenburger's Christmas Present
(2004/11/01)
John Burningham

商品詳細を見る


「夢見るウイリー」は、とっても簡単。
絵の中にバナナがたくさん隠れているので、バナナ探しをしました。

「クリスマスのおくりもの」は、サンタが一つプレゼントを渡すのを忘れていて、
そのプレゼントの届け先は、遠い遠い山のてっぺんに住んでいる貧しい少年。
多くの人に助けてもらいながら、苦労して苦労してプレゼントを届けるというお話。

何度も同じセリフが続くので、娘、「そこの部分、もういい!」と言ってました…

寝る前に一人読みしたのが、こちら。

Curious George Gets a Medal (Curious George - Level 1)Curious George Gets a Medal (Curious George - Level 1)
(1974/09/11)
H. A. Rey

商品詳細を見る
YL(1.5-2.0)

ジョージ、話として面白いかと言われるとどうだろう??
私の好みの問題ですね~。
他にもお話があるので、他のも読んでみます。

  1. 多読
  2. | trackback:0
  3. | 本文:0
テニスのせいで?…多読2 :: 2012/03/20(Tue)

娘が、「足が痛い」と言い出しました。
見たら、右足の中指のところに白い塊が。
魚の目?たこ?

早速皮膚科へ。

そしたら、
「う~ん、なにか膿んでますね」と。

先生、「何か運動やってます?」
私、「週に1度1時間だけテニスを習ってます。」

先生、「右足で踏み込みますからね~。」
先生、「靴が小さくない?」

娘、「学校の靴が小さい」

先生、「それかもしれませんね。蒸れますからね。そこにばい菌が入ったのかもしれませんね。」と。

今月初めくらいに、上靴がきついと言っていた娘。
すっかり忘れて、だいぶ日にちが経ったので、もう春休みに入るしと放置。
申し訳ない…。
テニスのせいだなんてかっこ良いものではありませんでした…。

そのテニス、
実は娘、錦織圭くんが所属していたスクールにいるのですが、
(硬式テニススクールが少ないんですよね…。)
来月から、週1回だったのが週2日、時間も1時間だったのが2時間に増えることになり、
いつ来ても良いという方式に変更になります。
お得になったのですが、金額だけ見ると、
これまでは月謝制で5,000円もかからなかったのですが、もし週2回すべていくと、倍以上の金額に…。

でも、何でもやりたがりの娘は、
「プロになれなくてもいいけど、上手になりたい!!」と。
現実が分かっている娘が切ない…。

そんな娘と病院の待ち時間の間に、
私は、このシリーズ本(YL0.8-1.8)を4冊読破。

Frog and Toad Together (I Can Read Book 2)Frog and Toad Together (I Can Read Book 2)
(2012/01/01)
Arnold Lobel

商品詳細を見る


Frog and Toad All Year (I Can Read Book 2)Frog and Toad All Year (I Can Read Book 2)
(1984/09/05)
Arnold Lobel

商品詳細を見る


Frog and Toad Are Friends (I Can Read Book 2)Frog and Toad Are Friends (I Can Read Book 2)
(2006/12/15)
Arnold Lobel

商品詳細を見る


Days with Frog and Toad (I Can Read Book 2)Days with Frog and Toad (I Can Read Book 2)
(1984/08/31)
Arnold Lobel

商品詳細を見る


これ、読み聞かせにもとっても良いと思います。
お互いがお互いを思い合う、心温まるお話です。
私が図書館から借りてきたのをみて、娘がすぐに学校の図書館から日本語版を借りてきました。
日本語版は忠実に訳されているという印象で、意味の確認には良いかもしれません。


娘は病院にあったこれを

マザー・テレサ―貧しい人びとに限りなき愛をそそいだ現代の聖女 (小学館版学習まんが人物館)マザー・テレサ―貧しい人びとに限りなき愛をそそいだ現代の聖女 (小学館版学習まんが人物館)
(1997/07)
あべ さより、滝田 よしひろ 他

商品詳細を見る


こういう本が置いてあると嬉しいですね。
夢中で最後まで読んでました。病院の待ち時間も有効活用出来て良かったです。
(息子はずっとテレビを見てましたが…。)
そういえば、マザー・テレサみたいになりたいと言っていた時期があったな~と思い出しました。



  1. 多読
  2. | trackback:0
  3. | 本文:4
多読1 :: 2012/03/13(Tue)

先週は体調が悪く、子供達と一緒に寝る日ばかり。
えいごちゃんもキャンセルして…。
これではいかん!と昨日、多読なるものをやってみました。

いつか「多」と呼べるように、積み上げ積み上げ!!
まずは、はじめの一歩!


何からやっていいのか分からなかったので、先日、これを図書館から借りてきました。

英語多読完全ブックガイド[改訂第3版]英語多読完全ブックガイド[改訂第3版]
(2010/03/12)
古川 昭夫、神田 みなみ 他

商品詳細を見る



その中に載っていた簡単そうな本で、なおかつ田舎図書館でもあるものを探し…
(これが結構大変…。)
何冊か借りてきました。

昨日読んだものはこの4冊。

Is That You, Santa? (All Aboard Reading)Is That You, Santa? (All Aboard Reading)
(1998/10/05)
Margaret A. Hartelius

商品詳細を見る


Mr. Putter & Tabby Pour the Tea (Mr. Putter and Tabby)Mr. Putter & Tabby Pour the Tea (Mr. Putter and Tabby)
(1994/03/30)
Cynthia Rylant

商品詳細を見る


Mouse Soup (I Can Read Book 2)Mouse Soup (I Can Read Book 2)
(1983/09/07)
Arnold Lobel

商品詳細を見る


Curious George Takes a JobCurious George Takes a Job
(1973/12/21)
H. A. Rey

商品詳細を見る



サンタのはちょっと簡単すぎましたが、文の途中に絵があり、なんて読むのかな?と
考えながら読んでいく本です。
例えば、It is Christmas Eve. The is trimmed. とか。
正解は巻末で確認出来るようになっています。
の絵の裏にtree と書いてあり、子供達はクイズみたいで喜んでいました。

Mr. Putter & Tabby はamazonで検索したら、他にもたくさんシリーズがあるようですね。
問題は近くの図書館にあるかどうかなのですが…。
近くの図書館は洋書が少ないので、読める本がすぐになくなってしまいそうです。
そうなったら、ブログで交流させて頂いている方々から教えて頂いた別の方法を考えようと
思っています。

初級者におすすめの本なので、子供たちにも読み聞かせしました。

図書館が今日から4月中旬まで休みなので、他にも借りれるだけ借りてきました。
がっつり紹介出来るよう頑張って続けたいと思います。

  1. 多読
  2. | trackback:0
  3. | 本文:7
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。