実際にやってみる!




スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告
角野栄子さん講演会 :: 2014/06/30(Mon)


今日は長文です。
忘れないように、覚書。


昨日、角野栄子さんの講演会に出かけました。

あの角野栄子さん!?
そんなほんとに?こんな田舎に?
半信半疑で安来市立図書館に電話をし、申し込んだのでした。

角野栄子さんといえば、「魔女の宅急便」ですが、子どもたちにとっては、1年生の教科書に出てくる
「サラダでげんき」の作者。
そして、娘が小さい頃によく読んでいた「おばけのあっちシリーズ」。

娘も行きたいというので、二人で出かけました。

どんな話し方をされる方なのだろうと楽しみに待っていました。
とてもおしゃれなお洋服におしゃれなメガネ。
少しだけ話を聞いても、話し方はとっても品があり、
優しい語り口の中にも意志が感じられ、かっこよい女性。
そんな印象でした。

まずは、角野先生が作家になるきっかけについて話をされました。
学生時代に見たアメリカの雑誌。
ブラジルから帰国後に書いた処女作。
編集者に上手に誘導されて何度も書き直すのだけれど、飽きない自分。
書くことが好きなんだと気付く。
そのすべてのお話が先生の口から語られると、興味深く、物語になっていました。

おばけのあっちシリーズは、娘さんから何度も聞かされたという
「あっちにいって、こっちにいって、そっちにいって踏切をわたって・・・。」
という言葉から生まれた。
…のところは娘さんが感じた不思議な出来事が入ります。
例えば、カエルの家があったというような。
いきなり不思議が出てきたら、嘘っぽい。
あっちにいって、こっちにいって、そっちにいって踏切を渡って…とつけることで、
境界線を越え、ファンタジーの世界に。

あっちにいってドキドキ、こっちにいってドキドキ、不思議に終わる。
それが、物語の形。
魔女の宅急便もその骨格。

角野先生は、空が飛びたいため魔女を書いた。
真っ暗なおうちに一人で留守番をしていて、コトっと音がしたら、ねずみ?おばけ?ゆうれい?ほうき?…。
真っ暗ということは想像力が膨らんで何かがそこにいそうな気がする。
暗闇に住む人と、明るいところに住む人をつなげる役割をする人が魔女なのではないか。

魔女の宅急便の魔女「キキ」は、飛べるんだから何かを運ばせようと思った。
物を運ぶだけではなく、その物の成り立ちの物語、使っている人の物語。
キキが代わりに運ぶ。
運んで下さいという人の物語。運ぶ人にも運んだ先にも物語がある。
それは、魔女が暗闇の世界と明るい世界を両方つなげている世界と全く同じ。
意図して書いたわけではないが、当たり前のことだと思ったと話をされていました。

そして、角野先生が使った魔法はたった一つ。
空が飛べること。
ほうきが壊れてもなんとか直しながらキキは生きていく。

魔法は誰でも1つくらいは持っているのではないか。
大好きなことをこつこつやっていれば、ある日、魔法になる。
自分がそうだったように。
好きなものを見つけるか見つけないか、見つけても、それにしがみつけるか、
それによって違うけど、みんな持っている。

今の子供たちは、イエスかノーの世界。
ぼーっと考える時間さえ取っていく。
子どもってぼーっとしていない。体はぼーっとしてても、心はあっちいったり、こっちいったりしている。
(まさに息子がそう…)

本が全く読まれない。
図書館は充実してきたが、読み聞かせが主。
これは読書ではなく、聞き書。
聞いて1冊終われば、1冊終わったと思う。
大学生だって聞き書は心地よい。
読んでもらうのは心地よいけど、本当に本の世界が自分にどれだけ意味があるか、その意味を持てる
ようになるためには、絶対に自分で読まないといけない。
アニメともゲームとも違った想像力が本の世界にはある。
想像力を人が持たなければ何も良いものは生まれない。
本を読んでほしいとおっしゃっていました。

本の中で遊ぶことを覚えて、本の世界と行ったり来たりすることを覚えたら、生活が変わってくる。
本を読まなければ、見える世界だけで人を判断し、コミュニケーションが出来なくなる。
人間は想像力があるのに、本を読まないで過ごすのはもったいないという言葉が印象的でした。

子どもたちが同じ本を何度も何度も読んでいるのも、
他の本も読んだら?などと言わずに、そっと見守ってやらないといけないな~と思いました。

最後に、魔女の宅急便の1巻にサインをしてもらって、娘は大喜びでした。
私もとても良いお話を聞くことができました。
最近読み聞かせをしていないけど…と思っているのを見透かされているようなタイミングでの講演会。
読み聞かせをしなくても、子供たちは物語の世界で成長しているんだなと思うようになりました。

また、ぼーっとしているようで、していないというお話については…。
はい、すみません、息子にはいつもそれで、イライラがたまっています。
が、それも大事だと。
息子なりに、頑張って勉強もしているし、ほんと私が子供の頃に比べたら、遊ぶ時間が確実に減っています。
最近の子どもたちは。
ゆっくり成長すればいいんですよね~。
なんだか急かされる、いや、親である私が急かしてるのかな。
色々考えさせられました。



にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村








スポンサーサイト
  1. 子育て
  2. | trackback:0
  3. | 本文:0
珠算検定結果 :: 2014/02/12(Wed)


子供達、二人ともそろばんを習っています。
先日、ちょっとだけ記事にしましたが、息子、7級の試験の2週間くらい前に45点という
あり得ない点数をたたき出していました。

そこで、猛特訓。

結果、300点満点中240点で合格してました
ほんと、練習ってするもんですね。
復習は必要だと改めて思いました、そろばんに限らず。

そして、娘のほうは1級に合格
暗算は落ちてしまいましたが、珠算だけでも受かったので、すごいと思っています。
いよいよ、次は段位。

4年生になったらどこかの時点で切りをつけて、そろばんはやめるつもりです。
多分5月の大会が終わったらかなあ。

それまで、しっかりやって悔いのないようにしてほしいなと思っています。

息子はまだまだです。せめて、形にならないと。
3級くらいまではいかないとね。
先は長い…。



にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村







  1. 子育て
  2. | trackback:0
  3. | 本文:0
おこづかいを導入してみた :: 2014/01/17(Fri)



年末に娘は、お友達二人と映画を観に行きました。

そこで、娘だけ財布を持っていないことに気づき、さすがにおこづかいを
考えないといけないのかな~と思い始めました。

財布からお金を出すお友達の普通なしぐさ、娘にはないものでした


おこづかいについては、色々聞くので、その効用?と言われるものも知ってはいました。
が、そんなに使い道がないし、すっごい貯めて、DSとか欲しがられても困るし~なんて思って、
何よりめんどくさいからやめていました。


でも、娘ももうすぐ4年生。
さすがに分別もついているし、DS買うことないだろうし(やっぱりそこかい!)
春財布は縁起も良いということで、一緒に買いに行きました。
ついでにかばんも。

お気に入りの財布にお気に入りのかばん。
娘はとっても喜んでいました。

そこで、気になったのが息子のこと。
息子は、どうかな~と、いったん保留したのですが、やっぱり一緒に導入してやろうかなと。
DSの不安はあるのですが…。
てなわけで、息子も遅ればせながら、先日、財布を購入しました。


そして、ルールを設けました。

まず、

二人とも月900円。
そのうち3分の1は貯金。
残りの600円は何に使っても良いけど、少しでも残ったら、次の月は50円up。
毎日お風呂掃除をすること。毎日お風呂掃除が出来たら次の月は50円up。

つまり、最高で月1,000円になります。

お友達に聞いたところ、小学校低学年の平均が900円なんですって。
思ったより高くってびっくりしました。
でも、そこから学校で使う文房具のお金は出すんだそうです。

ここは悩みどころ。
ノートや鉛筆は使ってなんぼなので、そこをけちられたら困る。

とりあえず、1か月900円でやってみますが、文房具のお金を親が出すことにして、
もう少し値段を下げてみようかなとも思っています。
でも、本を買うなら900円くらいは必要かな。
300円は貯金するんだし。

お友達のところは、600円のうち、漫画を買うので、550円は使ってしまうんだそうです(笑)

うちの子、そういう趣味がないから、やっぱり使い道がないな~。
食べ物関係くらいかな
娘は、一緒に映画館に行ったお友達と3人で、冬休みにテーマパークに行くと言っています。
まあ、そこで3,000円は使うだろうな~。
貯めないとだめね(笑)
というか、前借り…?


しばらく様子を見てみます。
今のところ、お風呂掃除、二人で協力してやっています


みなさんのところ、お小遣いはどうされてますか


にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村



  1. 子育て
  2. | trackback:0
  3. | 本文:6
運動ができない :: 2013/10/22(Tue)


タイトルのこと、息子です。
息子は運動神経がどこかいっちゃったのか、どうしてなのか、力も弱く、足も遅く、
困っています。

本人も小学生になったので、まったくもって能天気ではなく、いじめられるような感じなので、
気にしている様子です。

ただ、努力をしようとしている様子は見られず、このままほうっておくべきなのか、
もしなにか手助けが出来るとすれば、何なのか…、悩んでいます。

足が遅い。
縄跳びができない。
逆上がりができない…などなど。

運動という運動がすべて苦手な感じです。

週に1回、器械体操の教室に通っていますが、これはお値段も安く、お遊びのような感じです。
体力強化とかではなく、真剣にどうにかしてやりたいと思っている場合は、しっかりした
体操教室に通うべきなのでしょうか?

う~ん、勉強よりもどうにもならない感じが悩ましいところです。
運動神経なのか、筋力なのか…。

間違えた字を消しゴムで消すことすら、きれいにはできない息子。
運筆力も低いので、きれいに消せないということは、筋力もないのかもしれません。

親として
いじめられる姿はあまり見たくありません。

幸い、体育、音楽、図工を除く他の教科はついていっていると思いますが、今後が心配です。

しばらく悩みが続きそうです。



にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村




  1. 子育て
  2. | trackback:0
  3. | 本文:2
息子の成長 :: 2013/08/30(Fri)


久しぶりの連続投稿です。
いえーい

今年の夏、息子が成長したな~と感じます。
夏休み中に勉強らしいことは何もしていないのですが、

算数教室に参加したこと
自由研究を仕上げたこと

が大きかったと思います。



まず、算数教室についてお話しますね。
これは、大阪のユースホステルに泊まって、遊びながら時々勉強するというものです。
あまりにもざっくりした感じの説明で申し訳ございません…。

ここで、息子より2歳年上のお兄ちゃんに出会いました。
その子との出会いが息子を大きく変えました。

いつもなら、だらだらとしている息子が、その子にくっついて、満面の笑みでコップに水を入れて、
みんなのために朝の食事の準備をしている。
驚きました

息子の見本は娘ではなかったのです。
私は、それに気づいていたようで、ちゃんと気づいていなかったような気がしています。

息子にとって、娘は憧れの存在には違いないのだけれど、でもお姉ちゃんのようにはできない。
息子は娘とは違うタイプなんですよね。

お姉ちゃんじゃだめなんです。
他に憧れる存在が必要。
それが、今回、2歳年上のお兄ちゃんだったのです。

自由時間には二人でずっとトランプをしていました。

このお兄ちゃん、算数の問題にも積極的に取り組んでいて、最近のブームは戦国武将だということで、
ユースホステルにも分厚い本を持ってきて読んでいました。

お兄ちゃんとの出会いをきっかけに、やるべきことをささっとやるようになり、何事も意欲的に
取り組むようになりました。


異年齢交流が田舎でも少なくなっているので、こういった経験はとても貴重でした。



次に、息子を成長させたもの。
ずばり、自由研究!!

正直、大変でした、これ(笑)

息子、「蚊」の研究がしたいというので、ボウフラの実験と観察をしたんですけど…(爆)

原稿用紙12枚に、じっけん記録と観察記録。
そして、模造紙1枚にまとめる。

字は汚いのですが、早く書けるようになりました(^^;)

これをやりとげたということが息子の自信につながったような気がします。
もちろん、私が手伝っていますが、
自分で考えて形にして、その結果が見えること、それが嬉しかったんだと思います。



こういった経験をして、自尊感情が育ってくれると良いなと強く思いました。
そして、他人も大事にできる子になってほしいと思っています。
長い夏休み、勉強以外の成長もありますね。

息子に対しては、ほんと色々と悩んでいたので、今回のことは素直に嬉しかったです。
男の子はただ褒めるというのは通じませんね。
とってつけたような褒め方では見透かされます(うちの息子は特に)。
そこに親のエゴが眠っている場合は完全に玉砕します。
子供ってすごい。
男の子の場合、照れくささもあるのでしょうけど…。

待つこと、褒めるのではなく認めること、大事なことに気づかされました。


笑顔



にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村





  1. 子育て
  2. | trackback:0
  3. | 本文:0
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。